抗真菌薬の種類と作用

抗真菌薬その名前の通り、真菌と呼ばれる種類の菌の生育を阻害する薬品です。真菌が原因となって引き起こされる上記としては、白癬菌による白癬(水虫、たむし)や、カンジタによるカンジダ症、アスペルギルスによるアスペルギルス症が一般的です。
抗真菌薬にはいくつかの種類があります。
有名なものとしては、ポリエン系抗生物質(ポリエンマクロライド系)と呼ばれる薬品があります。この薬品は真菌の細胞膜の主成分であるエルゴステロールと結合することで真菌の細胞膜を破壊します。細胞膜が破壊されると細胞内の物質が細胞外へと漏れだしてしまい、真菌が死滅します。なお、人間の細胞膜はエルゴステロールではなく、コレステロールが主成分となっていますので害を及ぼすことはありません。真菌に対してのみ選択的に有害となる抗真菌薬で、代表的な薬としてはアムホテリシンBがあります。
また、破壊するのではなく、エルゴステロールの生合成を阻害するアゾール系薬剤というタイプの抗真菌薬もあります。アゾール系薬剤は、ラノステロールからエルゴステロールへの生合成系に干渉し、真菌の増殖を抑制します。代表的な薬としては、ミコナゾールやケトコナゾールなどがあります。
他にも、人の細胞には無い細胞壁を対象にしているキャンディン系薬剤という物もあります。キャンディン系薬剤は細胞壁を構成するグルカンの連鎖構造を構築するためのβDグルカン合成酵素の働きを阻害することで真菌の増殖を抑制する効果を発揮します。
いずれの薬剤も人間の細胞と真菌の細胞の構造の違いにターゲットを当てた薬剤となっています。人間には害が少なく、真菌に対しての選択毒性をもつため、安心して利用できる薬品です。



ページトップへ