水虫の足の痒みにカビキラーが効く?抗真菌薬を使おう

足のかゆみがなかなかおさまらない時に、真っ先に想像するのが、水虫でしょう。水虫は白癬菌というカビの一種が悪さをしています。カビは真菌と呼ばれ、足の間や裏などの、汗や温度で蒸れやすい場所に付着します。他人にうつすことでもよく知られていますので、足のかゆみがなかなか引かないのであれば、抗真菌薬などを用いて、治療を開始するのが望ましいです。
白癬菌はカビの一種であることから、カビキラーによる民間療法に頼る人がいます。カビキラーはバスやトイレ、キッチンなどの水回りに発生するカビを、取り除く効果があります。
確かにカビキラーは真菌に効きますが、だからといって足の水虫につけるのは無理があります。そもそもこの製品は、皮膚につけることを想定して作られていません。むしろ、皮膚に液がつかないように使用することを、注意しているほどです。強い成分が皮膚を傷つけてしまい、水虫だけでなく、皮膚の機能を低下させる問題が発生する恐れがありますから、絶対にやめましょう。
足の水虫に対しては、ドラッグストアなどで売られている、水虫向けの抗真菌薬を使います。多くが塗り薬タイプですが、爽快感のあるスプレータイプも存在します。この抗真菌薬を塗り続けることで、足のかゆみが緩和され、場合によっては治すことも可能です。
しかし、市販の抗真菌薬を使っても足のかゆみがおさまらないのであれば、他の原因が隠されている可能性を考慮し、皮膚科のある病院で診断を受けることをおすすめします。むしろ、市販品に頼るより先に、病院に向かった方が、正しい治療法が分かりますので治りが早くなります。病院へ向かう前に市販の薬を使うと、検査が上手くできない場合がありますので、注意してください。



ページトップへ