真菌感染症の治療には抗真菌薬と治療器があります

真菌感染症は、通常肺や皮膚から始まり、薬や病気によって生じる免疫機能の低下がない限り、真菌感染症が重傷化することは稀で、通常ゆっくりと進行していきます。
真菌は、顕微鏡でないと見えないものもあり、小さな胞子をまき散らして繁殖します。このような胞子は空気中に浮遊していることが多く、吸い込まれたり、体の表面や皮膚に接触することで、肺や皮膚から発症します。ただ人に感染を起こすものはごく一部で、真菌感染症が人から人へと移ることは稀です。

真菌の治療は、真菌の種類によって異なりますが、多くの場合治療の基本は抗真菌薬となります。
真菌感染症の一種である水虫は、抗真菌薬での治療が一般的ですが、抗真菌薬を使わずに、自宅で治す水虫治療器というものも販売されています。使い方は水虫にかかっている患部に紫外線をあて、水虫の原因である白癬菌を殺菌します。
フットバスのような器具で、足をいれてスイッチを入れるだけなので、使い方も簡単で短い時間でも効果があるので、忙しい人にはおすすめの治療器です。
またハンディタイプの治療器もあり、直接紫外線を照射できるので、気になる部分に直接紫外線を当てて治療することが可能です。
ただ紫外線は日焼けの原因やシミやそばかすの原因となるものなので、長時間照射するのは足にとってもよくありません。紫外線で皮膚ガンになることはありませんが、決められた使用時間を大幅に越えて使用した場合には、細胞に影響が出ることもあるかもしれませんから、使用する場合には注意することが大切です。
また治療器は、皮膚の表面にある初期の水虫に効果があり、皮膚の奥深くまで症状が進んでいる場合には、あまり効果がありません。症状の重さや範囲によって抗真菌薬でしか治らない場合もあるので、気になる方は皮膚科を受診することをおすすめします。



ページトップへ