足化膿なら爪画像で爪白癬か確認して抗真菌薬を!

足白癬は、白癬菌という菌が足の指や裏などの角質で増殖して起こるもので、その奥の皮下組織まで侵食することで炎症が起き、ひどい場合には足化膿します。
足白癬には角質が厚くなって硬くなる「角化型白癬」と、水泡や皮膚剥離が起きて足化膿が起き、痛みやかゆみを伴う「汗疱状白癬」の2種類があります。
白癬菌が定住する角質の奥までは白血球が辿り着くことができず、更にその進行速度は皮膚の新陳代謝よりも早いので、自然治癒での完治は困難です。
白癬菌が繁殖する原因は、通気性の悪い革靴や女性の場合は、ブーツを長時間履き続けたりすることで繁殖します。この菌は環境が整うことで様々な場所へと感染していきます。
あしでは、皮膚の他に爪にも感染することがあり、これを爪白癬と言います。爪白癬は発症率が比較的少なく、初期段階では爪の先が白っぽく色付くだけで、痛みやかゆみなどの自覚症状がないため、気付かないケースが多いです。しかし、感染に気付かずにいると、爪の奥へと侵食していき、爪画像を見ると分かりますが、爪の色が黄色から黒色へと変わっていき、最終的には爪がボロボロと崩れ落ちる結果となります。ボロボロになった爪には白癬菌が住みついているので、新たに他の場所に感染させる可能性もあるのです。このような状況にならないためにも、足白癬になりかゆみや足化膿が現れたら、白癬菌に感染した爪画像で確認して、その疑いがある場合には、早めの医療処置が必要です。
皮膚科では、足白癬に効果的な抗真菌薬を処方します。抗真菌薬はクリームの外用薬を処方されることが多いです。しかし、爪画像から爪白癬の感染があると診断された場合、外用薬では効果がないため抗真菌内服薬での治療となり、完治までに長期間を要することになります。
こうしたことにならないためにも、足環境を良くし、万が一足白癬になってしまったら、抗真菌薬で早とりましゃとりましょう。



ページトップへ